初心者のためのキャッシングガイド

キャッシングガイドのロゴ

キャッシングの審査基準

キャッシングの際には、申し込みをする時の個人情報を元に審査が行われます。審査に落ちてお金を借りることができず困っている人もたくさんいます。

では、審査はどのように行われているのでしょうか。厳密に言えば、キャッシング会社によって審査の基準は異なりますので、絶対に正しいという基準はありません。実際に申し込んでみないと分かりません。

ただ、一般論として、多くの人に適用される審査基準というのはありますので、それを紹介します。

個人信用情報の確認。過去にクレジットカードの支払遅滞などがないか?

キャシングの審査基準 イメージ

クレジットは英語でcreditと書き、「信用」という意味があります。まさに個人の信用を元に発行されるもので、信用が全てなのです。クレジットカードの支払いが滞ると個人の信用に大きく傷が付きます。

キャッシングの申し込みをすると、まず個人信用情報が確認されます。これは、銀行、クレジットカード会社、キャッシング会社などが共有している情報で、いわゆるブラックリストというものです。

もし、過去に、ローンなどを組んで、その支払いをしていなかったり、クレジットカードの支払いをしていなかったりという事実があれば、ブラックリストに掲載され、個人信用情報に引っかかります。

また、破産手続きなどの債務整理などをした経験がある場合にもブラックリストに掲載されます。

ブラックリストに掲載されると、ほぼ間違いなく審査には通りません。

ただし、過去に支払いの遅延があった場合でも、その後に支払い3ヶ月から6ヶ月くらい経過していたり、破産などをしていても5年〜10年経過していたりすると審査に通る場合もあります。

属性スコアリング|職業、性別、年齢、収入など...

個人信用情報に問題がなければ、次に属性スコアリングという審査が行われます。これは、その人がどのような人なのかというのをコンピュータによって点数をつける仕組みです。ここで付けられた点数が高い人は、より多くの金額を借りることができるし、低い人は、少ない金額しか借りることができません。

あまりにもスコアの低い人は、この段階で審査落ちとなります。

属性スコアリングでは、職業、性別、年齢、収入、勤務先、勤続年数、家族構成など様々な指標が考慮されます。

職業で言うと、公務員が最も高いスコアだとされています。なぜなら、民間企業などと違って、リストラなどの可能性が低く、安定した収入が見込めるからです。反対に、自営業の人などはスコアが低くなります。

勤続年数も短い人は、点数が低いです。長く勤めている人に比べて、簡単に仕事を辞めるなど、安定した収入が見込めないからですね。

このように、申込者の様々な属性を元に、点数が付けられることになります。

他社からの借り入れがある。

お金に困っている場合、他のキャッシング会社などからすでに融資を受けているという人もたくさんいます。そのような場合、他社からの借り入れが全くない人に比べると審査に落ちる可能性は高いです。

ただ、きちんと返済をしていればブラックリストに載ることもありませんし、審査に通ることも多いです。他社から3件〜5件くらい借り入れている人でも無事に審査に通ることはよくあります。

他社からの借り入れがあったとしても、きちんと返済しているのであれば、安心して申し込みをすればよいかと思います。

審査の結果

審査の結果は、当日か翌日には分かります。早ければ、数分後に分かることもあります。インターネットで申し込みをした場合、メールなどで審査の結果が分かりますので、とても便利です。

審査に落ちれば、別のキャッシング会社を探すなど、別の方法を考える必要があります。

無事に審査に通れば、インターネットからの申し込み・契約の場合、すぐに指定の口座にお金が振り込まれることになります。

「速い」「安心」「信頼」のおすすめキャッシング

当サイトの管理人である、現役大手消費者金融のOL田村まどかが自信を持っておすすめするキャッシングです。

名前 実質年率 限度額 特徴

プロミス
4.5~17.8% 1〜500万円

SMBCグループの一員であるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミス。「30日間無利息サービス」(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)。ネットで最短30分審査可
公式サイトを見る


プロミスレディース
4.5~17.8% 1〜500万円

SMBCグループの一員であるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミス。WEB契約で即日融資可(平日14時までに契約完了が必要)。
公式サイトを見る

ページの上に戻る