初心者のためのキャッシングガイド

キャッシングガイドのロゴ

キャッシングの返済ができない場合の対処法

キャッシングは利用する前に、きちんと返済できるのか計画を立てて利用しなければなりません。でも、計画通りには行かないことはよくあって、返済日に返済することができないこともあるでしょう。

もし、キャッシングの返済に遅れた場合、どうなるでしょうか?また、どのように対応すればよいのでしょう?

このページでは、キャッシングの返済に遅れた場合、どのような事が起こるのかと対処法を説明します。

キャッシングの返済に遅れそうな場合は、とにかく電話で連絡する。

とにかく事前に連絡を入れること。

返済日に支払えないことが事前に分かった時点で、一度電話して、返済が遅れるということを報告しましょう。そして、返済予定日が分かるのであれば、それをきちんと伝えましょう。

事前に連絡しておけば、クレジットカード会社や消費者金融の側で、ある程度の対応をしてもらえます。数日遅れる程度なら何の問題もなく対応してもらえることが多いです。もちろん、毎月毎月返済に遅れるということになれば、状況は変わってきます。

また、どうしても返済することができなくなったような場合でも、きちんと相談すれば、毎月の返済額が減るような返済計画に変更してもらったりすることもできます。

返済日に返済をしないということは、約束を守らないことに他なりません。相手も人間ですから、きちんと誠意を報告すれば、相手もしっかりと対応してくれるものです。

過度の支払い遅滞の場合には遅延損害金が発生

給料日までの2、3日くらいの遅れなら、それほど問題にはなりませんが、あまりにも支払いが遅れてしまうような場合は、通常の利息よりも高い利率の遅延損害金(遅延利息)というものが発生します。

返済日に借りたお金を返済するという約束をしているのに、返済しないわけですから約束違反があるわけです。そのペナルティとして遅延損害金というものが発生することになるのです。

この遅延損害金は、会社によっても異なるのですが、通常の利息よりもかなり高い利率が設定されていることがほとんどです。きちんと返済していれば、支払わなくてもよいお金を余計に支払わなくてはなりませんので、絶対に支払日に返済しましょう。

どうしても、返済が間に合わない場合には事前に連絡をして相談しましょう。きちんと事前に連絡を入れておけば、遅延損害金を払わなくてもいいことが多いです。

限度額の引き下げや利用停止などのペナルティ

支払日の返済に遅れると、さきほど説明したように遅延損害金が発生します。ただ、これは事前に報告を入れておいたり、できるだけ早く返済することで免れることもできます。

多くの場合、返済の可能性がないと思われたようなひどい遅滞の場合にのみ遅延損害金が発生します。

それとは別に注意しなければならないのが、支払日に1日でも遅れると信用が無くなってしまうということです。支払いに1日くらい遅れるだけでは遅延損害金は発生しないことが多いので、目に見える損害は発生しないように思えます。

しかし、あなたの信用は大きく傷付きます。この人は支払日にきちんと支払いをしない人だという評価を下されてしまうのです。

例え、1日の遅れだったとしても、それを繰り返せば、あなたの信用はなくなり、キャッシング限度額の引き下げや利用停止などのペナルティを受けることになります。

また、最悪の場合には、ブラックリストに掲載されてしまいます。ブラックリストに載ってしまえば、将来、車のローンを組むときや、住宅ローンを組む時などに審査で落とされてしまうことになります。

あなたの信用というのは、これから先もずっと付いてまわるものなので、絶対に返済に遅れるようなことはないようにしましょう。

少しでも無理があると思ったら、最初からキャッシングを利用しないか、利用する金額を少なめにするのが鉄則です。

「速い」「安心」「信頼」のおすすめキャッシング

当サイトの管理人である、現役大手消費者金融のOL田村まどかが自信を持っておすすめするキャッシングです。

名前 実質年率 限度額 特徴

プロミス
4.5~17.8% 1〜500万円

SMBCグループの一員であるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミス。「30日間無利息サービス」(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)。ネットで最短30分審査可
公式サイトを見る


プロミスレディース
4.5~17.8% 1〜500万円

SMBCグループの一員であるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミス。WEB契約で即日融資可(平日14時までに契約完了が必要)。
公式サイトを見る

ページの上に戻る